保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】

お金を残しやすくできる

相談

申告して納税をするとき、うまく行えば節税対策を取れます。手軽なのが保険で、経費にしたり一定の控除が受けられたりして税金その物を減らせます。税金は減っても受ける金額などは変わらないので、その分お金が残りやすくなります。

詳しく見る

更新忘れに注意が必要

バイク

自動車や大型バイク同様原付も自賠責保険への加入が義務付けられています。しかし法定車検がないので、更新をし忘れる人が多いので注意しないといけないでしょう。コンビニなど手軽に手続きが行えるところを利用しましょう。

詳しく見る

自動車向けの保険

車

自動車保険はネット中心のダイレクト自動車保険とディーラーや保険代理店で加入するものと大きく2つに分かれます。保険料比較だけでなく、万が一の事が起きた場合にどのような対応をとるのかは口コミが参考になります。総合的に勘案して選ぶ事が大切です

詳しく見る

家計の見直しについて

電卓

将来の家計に不安を感じているのであれば、まずは家計診断を行い家計の現状把握に努めてみるのがよいといえます。家計の見直しにあたっては、生命保険などの固定費の見直しが効果が大きいといえます。必要な保障内容を見直せば保険料を大幅に削減できるケースもあります。

詳しく見る

法人での活用

保険プラン

節税を考えている法人とっては手軽に節税対策を行える点で保険の活用が有効です。支払った保険料は半分または全額が経費として損金処理できる上、解約をすれば解約返戻金が受け取れます。この返戻金を退職金や設備投資に使う事が出来ます。ただし早期での解約や税制改正リスクがある事は気を付けておく必要があります

詳しく見る

適切な保険料

主婦

払いすぎや保障不足

保険に入るきっかけは様々で、比較的多いのは外交員からの提案かもしれません。会社員なら会社に出入りしている外交員から提案を受けて加入するかもしれませんし、家庭の主婦なら営業に回っている外交員から加入するときもあります。その時に十分家計診断を受けて加入していれば問題ありません。家族構成や収入、住宅の状況などによって入ってくるお金と出ていくお金、将来必要になるお金などがあります。保険はそれらをうまく調整する機能があります。ただ、外交員の勧める保険は必ずしも正確な家計診断が行われないときも多く、統計的な家計データを元にした提案も多くなります。問題としては無駄な保険への加入があります。必要な保障以上の保障が付いているために保険料が高めになっています。将来受ける保険金は多くなる可能性がありますが、その分毎月支払う保険料は高めになり、出ていくお金が多くなってしまいます。こうならないためにも正しい家計診断を受ける必要があるでしょう。家計診断の必要性として保障不足の問題もあります。最近はネット保険などがあり自分で加入するものもあります。できるだけ安く入ろうと保障を切り詰めるのはいいですが、切り詰めすぎて必要な保障が入っていない時があります。となると将来的に必要な保険金が受けられなくなり、万が一の時に困ります。それぞれの家計に合った保険がありますから、ファイナンシャルプランナーなどプロの担当者に診断をしてもらって加入するようにしましょう。

Copyright© 2018 保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】 All Rights Reserved.