保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】

法人での活用

保険プラン

上手く活用する

節税を考えている法人に対して効果的な提案方法として、生命保険の活用があります。生命保険は一部の商品をうまく活用すれば節税対策となる上、決算ギリギリのタイミングでも手軽に節税対策を行える点でメリットがあるといえます。法人向けの節税対策が出来る商品としては、定期保険があります。定期でも逓増定期や長期定期、さらには平準定期など種類は様々です。一般的に活用する逓増定期や長期定期では、支払った保険料の半分を損金として処理できます。経費として損金処理できるだけでなく、保険の場合には一定期間支払ったのちに解約をすれば、解約返戻金を受け取れます。その解約返戻金を退職金支払いや設備投資等で有効活用できます。つまり経費として処理してながらも、将来の資産を作る事が可能です。もちろん保険ですので加入している間に万が一の事があれば死亡保険金を受け取る事も出来ます。また法人は節税対策として保険を利用する目的が強い事から、支払った保険料が半分ではなく全額損金として処理できるタイプも商品も近年は数多く発売されています。法人としては事業活動の結果、利益が出ていれば課税されてしまいますが、このような節税対策を取る事で分利益が圧縮できます。全額損金であれば圧縮率が高くなるので、特にこのタイプの商品は人気となっています。ただし将来的に税制が変わってしまうリスクやまた早期で解約をしてしまった場合等には節税のメリットを享受できない可能性もありますので、その点は気をつけておく必要があります。

Copyright© 2018 保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】 All Rights Reserved.