保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】

お金を残しやすくできる

相談

合法的な方法

税金には所得税や法人税、相続税等いろいろあります。それぞれ課税の対象やどんな時に課税されるかなどが法律で決められていて、それに従って計算などをしなくてはいけません。所得税、法人税、相続税などは申告課税税度ですから、該当者が自分で申告をしてその上で課税されます。国が税金を決めて課税する方法でhないので、いろいろな節税対策を取れる可能性があります。その中でも使いやすいのが保険かもしれません。所得税においては、学資保険等貯蓄性の高い商品を使う方法があります。掛け金を支払うと所得控除になるので節税対策になります。一方支払ったお金は将来的に少し上乗せして戻ってくるので、銀行預金を使って教育資金を用意するよりもお得になります。個人であれば相続税における節税対策があります。生命保険があると、一定の控除が受けられる仕組みになっています。お金で残していると受けられませんから、加入した方がお金を残しやすくなります。個人ではなく法人でも節税対策として保険が使われます。加入をして掛金を支払うと、その全額や一部が損金扱いになるものがあり、その分税金を減らせます。一方で将来的にはかけた金額以上の給付を受けられるようになります。役員の退職金などとして用意するケースなどがあり、普通に銀行を使うよりもお金を残せます。会社等であれば顧問税理士が良く知っているので行っているところもありますが、個人だと知らない人もいるので、調べて活用すると良いでしょう。

Copyright© 2018 保険見直しなら家計診断をしよう【それぞれの家計に合った保険】 All Rights Reserved.